本文へスキップ

お知らせconc




危険物安全週間とセルフスタンドでの
給油方法等について

                                                                                             

 平成30年6月3日(日)から6月9日(土)は危険物安全週間です。

 「この一球 届け無事故へ みんなの願い」を推進標語に全国で危険物安全週間が実施されます。危険物は今や生活に欠かせない物となっていますが、慣れや油断からくる誤った取り扱いや、うっかりミスなど人為的要因による事故は日常的に発生しています。安全な生活を維持するためにも、危険物に対する知識を持ち、適切な取り扱いをしましょう。

 

平成30年度危険物安全週間推進ポスター
(モデル:エイベックス所属 上地結衣選手)


 セルフ式ガソリンスタンドでの注意事項をもう一度!!

 平成10年から設置されてきたセルフ式ガソリンスタンドも、今では一般的なものとなってきています。身近となったセルフ式ガソリンスタンドですが、全国的にはまだまだ事故事例が報告されています。もう一度、セルフ式ガソリンスタンドでの注意事項を確認してみましょう。
@  給油する自動車の油種・給油口の位置を確認する
A  自動車は指定された位置に止めエンジンを停止する
B  給油キャップを開ける前には必ず静電気除去シートにタッチする
C  給油ノズルをしっかりと奧まで差し込み、自動的に止まったらそれ以上の給油はしない(吹きこぼれると大変危険です)
D  給油後は必ずキャップを閉める

 ※セルフ式ガソリンスタンドでは、利用者自ら自動車・二輪車への給油、灯油を容器へ詰め替  える(注油)以外は禁止されています。(ガソリン・軽油を容器で購入する場合は店員に依頼  してください)また、灯油を購入する場合は、容器を決められた場所に置いて注油してくださ  い。(自動車のトランクやトラックの荷台に積んだままで注油するのは危険です)灯油用の容  器で軽油を購入することは出来ません。

 危険物を取り扱うという意識をしっかりと持って、もう一度安全を確認しましょう!!!



 危険物に関する問い合わせ先

柳井地区広域消防本部予防課危険物係

電話番号  0820−23−7774



ナビゲーション